ヨガの効果

アーサナ(ポーズ)をとる事で、精神を集中し、心身のバランスを整える効果があります。

また、筋肉を強化し、関節を柔軟に、内臓機能を高めるので、継続的な体のメンテナンスや美容の効果が得られます。

 

呼吸を整えることは、気持ちをコントロールすることにつながり、

深い呼吸をすると心が落ち着くように、呼吸は心を表し、それをコントロールしていくことで、精神的なバランス維持ができるようになります。

 

 

ヨガと呼吸法

深い呼吸は、心が静まり穏やかになる、エネルギーや気力が充実するなどのメンタル面だけでなく、基礎代謝を高めることで脂肪を燃焼しやすくし、自律神経を調えてくれるなどの健康面での効果も期待できます。

 

 

 

アーサナ時の呼吸

ヨガのポーズは、吐く息、吸う息に合わせて、ゆっくりと、なめらかに、体を動かし、「腹式呼吸」といわれる呼吸法で行います。

 

 

腹式呼吸はお腹を膨らませながら、鼻から吸い、口あるいは鼻から息を吐き出します。

吐き出すときは、お腹をへこますような感覚で行います。

 

 

腹式呼吸をマスターしましょう!

@ 正座(足の親指がかぶさらないように、並列させて座り)左右の踵と踵の

間に尻がすっぽり入るようにし、背筋をピンと伸ばします。

左右の膝の間は、拳二個分開け、顎を引きます。

 

 

A 臍の下の辺りに両手を重ねて、ゆっくりと押し息を吐きます。

ゆっくりと腰を後ろに引いていくようなイメージです。

 

 

B 腹の空気を吐き切ったら、今度はゆっくり吸っていきます。

後ろに引いた腰を元の位置に戻すように、それと同時に軽く押していた手を緩めて、

ゆっくりと吸っていきます。(吐く息はゆっくりと細く長く、が重要なポイントです)

 

 

 

◆この腹式呼吸を行うことだけでも腹筋を使いますので、

お腹のシェイプアップやダイエットにもつながります。